02.jpg洗顔にきびhead.jpg
トップページ > にきび治療薬によくある成分 > ベンゾイル パーオキシド (Benzoyl peroxide)

ベンゾイル パーオキシド (Benzoyl peroxide)

過酸化ベンゾイル 
(ベンゾイル・パーオキサイド/パーオキシド) は、

アメリカでは処方箋が'無くても入手できる(OTC)
ニキビの薬の有効成分で、ニキビの治療に広く使用されています。

日本語名は「過酸化ベンゾイル」。
日本では化粧品や医薬品としても今のところ認められていません。


ニキビの元になるバクテリアを殺す作用と
乾燥・ピーリング効果があるため、
サリチル酸(=BHA。過剰なコメドを防ぐ)やイオウ(乾燥)などよりも、
ニキビ肌に効果があるとされています。

人口の3%ほどがアレルギーらしいので、
心配な人は、本格的に使い始める前に
目立たない部位で試してみたほうがよさそうです。

重度のニキビ肌でない人でも、
肌に合わなかったり、効果が見られない、という場合が
あるということを頭に入れておいたほうがよいです。


残念ながら、
ニキビの薬の場合は
どれも「絶対に効く」という保証は無いのが実状です。


ニキビに限らず、
皮膚病関係はそういったことが多いようですね。


皮膚科の医者に言わせると、年齢に関係なく
ある日突然、人間の体質というものは変わるそうですヨ。


まあ、花粉症などもそうですね。

ある日突然、、なってしまうこともあるようです。


話が飛んでしまいましたが・・・・


「過酸化ベンゾイル」は、効果があるようですので
評判の商品をご紹介します。


アクネフリー(敏感肌用)には、
にきび治療に有効な成分過酸化ベンゾイルが3%含まれています。

クレンジング、トナー、ローションと
朝晩3ステップの簡単お手入れで、
「大人にきび」や「黒ニキビ」などをキレイに優しく治癒します。



あの有名なプロアクティブよりも、
「はるかに効果がある。」といわれている商品ですね。

肌が弱い方は、敏感肌用が良いようです。



アクネフリー


ただし、世の中良いことばかりではありません。

過酸化ベンゾイルにも副作用があります。

・ヒリヒリする
・乾燥がひどくなり皮がむける
・紫外線に当たると皮膚が赤くなる

などなど。