02.jpg洗顔にきびhead.jpg
トップページ > 思春期のにきびの種類(顔にきび、背中にきび、胸にきび) > ニキビの種類

ニキビの種類

皮脂やアカなどで毛穴が詰まった状態を、

専門用語で面皰(めんぽう)=「コメド」と呼びます。


白ニキビ・・・・閉鎖面皰=白色面皰と呼びます

黒ニキビ・・・・開放面皰=黒色面皰と呼びます

一般的には白ニキビや黒ニキビと呼ばれています。


毛穴が閉じて盛り上がって白く見える初期のニキビが白ニキビで、

毛穴が開いて詰まった皮脂やアカが黒く見えるのが黒ニキビです。


こうした白ニキビや黒ニキビを放置していると、

詰まった皮脂やアカにアクネ桿菌が増殖して

炎症を起こしてしまいます。

これが赤く腫れたような赤ニキビの状態です。

そして、赤ニキビの状態を放置していると炎症がひどくなって、

周囲の組織にまで炎症が広がることもあり、

赤みが気になってニキビを潰すと、

組織が傷ついてクレーターのようになってしまいます。


したがって、一口にニキビ治療といっても、


ニキビのできはじめの段階→→白ニキビ・黒ニキビの段階

→→赤ニキビの段階→→膿をもつ→→赤いニキビ跡の段階

→→ケロイドやクレーターになった段階

とそれぞれの状態があり、

そのそれぞれの状態に合った治療が必要となるのです。


白ニキビや黒ニキビを悪化させる原因がアクネ菌というわけです。


アクネ菌は、だれの皮膚にも存在する常在菌で、

嫌気性と好脂性を特徴とします。

つまり空気が少なく脂肪の多い場所を好むという性質があるのです。

ですから、毛穴が詰まって空気の流入が大幅に減少し、

しかもそこに皮脂などがたまっている場所は、

アクネ菌が増殖するのに非常に好都合な場所なのです。

実際、体の中でも皮脂の分泌量が多い場所(顔、胸、背中など)は、

アクネ菌の菌数も多く、ニキビの好発部位でもあることがわかっています。

<白ニキビ>・<黒ニキビ>

毛穴の中の脂がアクネ菌の作用で分解され、脂肪酸に変わり

炎症を起こし、痒み・痛みがある場合が多い。

脂肪酸は皮膚表面にあれば皮膚を守るために役に立つのですが

毛穴の中で増えると毛穴の内壁を刺激、炎症を起こすのです。

<赤ニキビ>

毛穴が完全に塞がれてしまうと、真皮の深い部分でも

炎症や化膿を起こします。

皮脂はますます分泌が妨げられて、二次感染を起こします。

毛孔閉鎖が起こると、細菌は空気がなくなって住み心地が良くなり、

エサである脂肪はふんだんにあり数が増え、

たちまちのうちに炎症を起こし、ニキビが成長していくということです。