02.jpg洗顔にきびhead.jpg
トップページ > ニキビに効果的な栄養素 > ビタミンB2

ビタミンB2

ビタミンB2は、別名、リボフラビン

細胞の再生や成長を促進するはたらきのあるビタミンで、

また、たんぱく質や脂質、糖質などの代謝に関係する

酵素を助けるビタミンです。

健康な皮膚、髪、爪をつくります。


脂肪を体内でエネルギーに代えるはたらきがあり、

発がん性があるといわれている過酸化脂質の生成を防いだり、

目・皮膚・口腔内など粘膜を保護するはたらきがあります。

脂肪の摂取量が多い人、動脈硬化などを予防したい人、

ダイエットをしている人には、特に必要なビタミンです。

そして、脂肪の代謝に関わりが深いので、

脂肪の摂取量が多い人ほどビタミンB2の必要量は多くなります。

ビタミンB2は粘膜を保護するはたらきもあるので、

ビタミンB2が不足すると

口内炎、口角炎、目の充血、角膜炎、

ニキビや肌荒れ、湿疹や皮膚炎、

肛門や膣の炎症などが起きます。

ビタミンB2が「お肌のビタミン」と云われる所以です。


そして、脂質の分解に必要なビタミンで、

コレステロール低下作用や血液凝固を正常に保つ働きがあり、

動脈硬化の予防に有効です。

また、ビタミンB2はB1と並んで体内貯蔵が少なく、

不足しやすいビタミンなので、

とくに高エネルギー食の人や妊娠、授乳期の女性、

抗生物質服用時には不足しがちとなります。

ビタミンB2はタンパク質とともに摂ると、効率よく体内で利用されます。

食品では、ウナギ・レバー・干ししいたけ・いわし・納豆

牛乳・卵・チーズ・ブロッコリー

菜の花・ほうれん草・アーモンドなどに多く含まれます。


水溶性のビタミンB2 は、

紫外線や可視光線によって、不可逆的に、変性してしまいます。


また、熱には強いものの

水や煮汁に流れ出てしまうので、

洗いすぎないようにしたり、

調理した煮汁ごと摂取するようにしたいものです。