02.jpg洗顔にきびhead.jpg
トップページ > ニキビに効果的な栄養素 > ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミンB6は別名、ピリドキシン

ピリドキシン、ピリドキサ−ル、ピリドキサミンの3つの型があります


たんぱく質の代謝を促す大切なビタミンです。

健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進するので、

特に発育期の子供や妊婦・授乳婦には不可欠です。

また、免疫機能を正常に保つはたらきもあり、

不足するとアレルギー症状が出ることもあります。


ビタミンB6は、皮膚炎、口内炎などに効果があります。

皮膚炎の予防因子として発見され、免疫機能を正常に維持し、

抗アレルギー作用があるといわれています。


魚、肉、豆類などに多く含まれ、

特に、レバー、卵、緑黄色野菜に豊富に含まれています。


またビタミンB6は腸内細菌により合成されるので、

普通は欠乏の心配はないとされていますが

腸内細菌が変化する抗生物質の投与や放射線照射、

慢性アルコール中毒などで不足しやすいビタミンなのです。


◆ビタミンB6が欠乏すると、

@ 舌炎、胃炎を伴う目、鼻、口の周囲の脂漏性皮膚炎、

A 神経過敏になり眠れなくなる、

B 動脈硬化が進む

C 脂肪肝になる、発疹、じんましん、手足が痺れる

D うつ状態になる、妊娠初期はつわりがひどくなる

等の症状が現れます。


◆ビタミンB6はこのような人が摂取するとよいでしょう

@タンパク質を多くとる人。

A発育期の子供。

B妊婦。授乳婦。

C肌荒れが気になる人。

D口内炎の人。

Eピル常用者。

F抗生物質を飲んでいる人。

G月経前緊張症の人。

Hアレルギー症状のある人。

I脂肪肝を予防したい人。



◆ビタミンB6の体内での作用


@タンパク質代謝の主役であり、脂質の代謝に欠かせない。

A神経伝達物質の合成に関係。

B抗体、赤血球づくりに不可欠。

Cインスリンの合成

D腸内細菌によって体内で合成される。