02.jpg洗顔にきびhead.jpg
トップページ > にきび治療薬によくある成分 > イブプロフェンピコノール

イブプロフェンピコノール

比較的軽い湿疹や、ステロイドが使いにくい顔の湿疹に向く

抗炎症成分「イブプロフェンピコノール」 は、

皮膚の赤みや腫れをおさえる塗り薬で、

湿疹や皮膚炎の治療に用います。


できはじめの白ニキビの生成を抑えるとともに、

炎症を起こした赤ニキビを鎮めるので、

吹き出物・ニキビを元から治療します。

ただし、症状をとる対症療法薬ですので、

病気の原因そのものを治すことはできません。


副作用はありませんが、

長く続けていると、“かぶれ”を生じることがあります。

イブプロフェンピコノールは吸収性にすぐれ、

毛根部まで深く浸透して、

アクネ菌によるコメド(ニキビの前段階)の成長を抑えると同時に、

ニキビの炎症も抑えるダブル効果でニキビを治療します。